婚約指輪を手作りする|二人の思い出にもなる

探す時はいろんなお店を

指輪

まずは試着をしてください

婚約指輪は世界中の女の子の憧れです。一生に一回または二回の最高に贅沢なダイヤモンドを手に入れることができる機会です。婚約指輪はフランス、アメリカ、日本のジュエラーが一番力を入れている市場です。この機会に色々なお店を覗いてみることをオススメします。まず、どのようなデザインの婚約指輪があり、自分の指に一番映える婚約指輪がどれなのか見極めることが大切です。同じダイヤモンドでもブランドや空枠によって全く違ったものになります。肌の色、指が短い、細い、太い、節が高い、水掻きが大きいなど十人十色様々です。ただネット、カタログ、ショーケースを眺めてどんなに素敵でも自分の指に映えないものはあります。まずは指にはめてから決めてください。せっかくの機会なのでハイブランドも気負うことなく試着をオススメします。

ダイヤモンドはカット重視

どんなに美しい婚約指輪でも、ダイヤモンドが輝いていなければ、婚約指輪は台無しです。カラーが無色で、カラットが大きくてクラリティが良くてもカットが悪ければ光がダイヤモンドに入らず、キラキラと輝きません。まずはカットを重視してください。婚約指輪専門店からハイブランドまで色んな所で婚約指輪を購入することができます。婚約指輪専門店は地方にもたくさんあるので、気軽に立ち寄るにはいいかもしれません。婚約指輪は一生ものです、ですから専門店でもハイブランドでもアフターケアのことを考えて選ぶことをオススメします。とても素敵な指輪でも何かがありサイズが変わるかもしれません、また大切なものなのでクリーニングをしたくなると思います。購入の時はあったブランドが数年後に潰れてしまいアフターケアーが出来なく、泣く泣く自費でケアすることになります。また、アフターケアを重視していない販売店は売りっぱなしということもあり、ダイヤモンドや空枠に不良が見つかっても対処してくれない場合もあります。アフターケアが充実している販売店をオススメします。