婚約指輪を手作りする|二人の思い出にもなる

大切な人との愛の証

夫婦

婚約指輪を選ぶ時に一番大事な事は、予算です。同じ婚約指輪でも、宝石の種類やクオリティが違えば値段はピンからキリまでです。婚約指輪には、こうしなければならないと言う決まりは無いので、予算に合って尚且つ気に入った物を選びましょう。でも、そうは言っても相場は気になる物です。昔は新郎の給料の3カ月分と言われていましたが、今の相場は30万円から40万円位です。もちろん、相場より高くても低くても問題ないです。一般的に婚約指輪はダイヤモンドが多いです。ダイヤモンドは、カラットやカラーで値段が変わってくるので、小さめでもクオリティが高い物や大きくて安いダイヤモンドもあるので、そかなくはプロの意見を聞きましょう。

婚約指輪と言えば大きなダイヤモンドがついていて、普段使いには向かないからしまっておくイメージですが、今はマリッジリングとセットになっているデザインやシンプルなデザインもあるので、普段使いにも違和感なくつけられる指輪も多いです。昔のように高い爪がついている物ばかりではないので、洋服や髪の毛に絡まる心配も無くつけられます。そのような婚約指輪が増えている限り、婚約指輪の需要が無くなる事は無いでしょう。昔と違って、金額的にはリーズナブルになっても愛の象徴の婚約指輪は多数の女性の憧れです。傷が付きにくいプラチナの台座に、ありとあらゆる物の中で一番壊れないダイヤモンドは、夫婦の永遠の愛や絆を誓うにはピッタリです。